安田 れい子

安田 れい子

ガラス作家

ゆりの木初期のころからお世話になっている作家さんです。

初期は ガラスの学校の同期の方のつながりでのグループ展でギャラリーで。

店では ヒユージングの時計や絵皿 お正月・クリスマスのかざり アクセサリーを。

 

特に時計は きれいな色使いで人気です。

「時計という名前の連作をしている気持ちなんだ」といつだったか安田さんから伺ったことがあります。 基本的に色も形も同じものは作らないようにしているとのことです。それでいて ゆりの木の店に何時でも安田さんの時計を販売している(よく売れて人気だったのに・・です)のがすごいとおもいます。普通なら次の納品まで しばらーく欠品 というのが こういう作家ものではあたりまえなのですが 安田さんは まめというか どんどん作り続けて下さって 2018年6月段階で 通し番号1400番台とのこと。(ゆりの木納品分だけではありませんが)

 

 

ギャラリーゆりの木での個展も 2005年3月からほぼ2年おきに7回出展いただきました。

個展では 「ガラスの絵画的表現」というサブタイトルで パート・ド・ヴェール技法で額作品を中心に発表。その淡いいろあいと深い表現が人気でした。

そしてゆりの木が閉店するときの最後の展覧会をやってくださったのも安田さんでした

これからの安田さんの展示などわかりしだいこちらにもアップしていきたいと思っています

また 安田さんに展示のDM希望される方は 何でしたらこちらのゆりの木のメールにご連絡ください

おつなぎいたします

 

 

 

  • 1949 愛知県生まれ
  • 1973 女子美術大学洋画科卒業
  • 1992 東京ガラス工芸研究所卒業
  • 1993 New Glass Reviewl4
  • 1995 東京ガラスアート展95
  • 1992~2016 朝日カルチャ―センター講師
  • 1992~ 個展・グループ展
  • アトリエペーぱーはうす 主宰

 

 作品

安田 れい子” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    数年前娘から安田れい子作品の べンダントを頂きました✨大変気に入ってます✨😌✨

  2. @yurinoki より:

    ありがとうございます!磁石なのでつかいやすいですよね ゆりの木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。